どMでナイスバディな栞さん

挑戦的な視線とかクールビューティなフェイスとか、元レースクイーンの月見栞さんは一見もしかしてS?と思えるルックスなんだけど、実は真性のどMっぽい。

というのもこの作品「真性マゾヒスティック月見栞」(エスワンナンバーワンスタイル)では本当に感じまくってしまっているからだ。

このタイトルで女優を責めまくるんだろうなという視点になるのは致し方ないとしても、この作品は責めるというより、どう責めたら感じるのか?どう責められたいのか?を追求した作品と言える。

昔S嬢が言ってたけど、むしろSの立場の方がMに奉仕してるんだという形がこの作品ではよくわかる。

責め自体は決してハードすぎるとは言えない。

もちろん拘束、ギャクボール、イラマチオと一通りのS責めはあるけれど、それに対する栞さんの反応がそれぞれ違っていてそこがポイント。

要するにイってしまうところや恥ずかしくも感じてしまうところを見られたいエッチな体質なんだなっていうのがよくわかって興奮モノ。

アナル丸出しで開脚して、思わず放尿してしまったり、電マ攻めに耐えきれず潮を吹きまくって絶叫するところはまさにメスという激しい雰囲気。

いや、月見栞さんは真性のどMです。